審美治療|中野駅南口の歯医者|青木歯科クリニック

MENU

審美治療

当院は、機能面と審美面の両方を追求する「機能的美容診療」を掲げています。

  • • よくかめる。
  • • よく飲み込める。
  • • はっきりと発音できる。
  • • 鼻呼吸ができる。

様々な機能性を取り戻して初めて、美しさも実現できます。当院ではこの考え方に基づき、患者さんに審美治療のご提案をしています。

セラミック治療

ホワイトe.セラミックスの被せ物

『二ケイ酸リチウムガラス』という素材からできている、白いガラスセラミックです。
当院では、主に奥歯に被せ物をするケースで、この「ホワイトe.セラミックス」を使っています。この材料は、400MPaの高い曲げ強さを持ちながら、天然の歯に近い摩耗性を持っていることが特徴です。
おかげで、かむ時に向かい合わせになる歯がすり減りすぎるのを防ぐことができます。ゴールド系を除き、金属製の被せ物だとすり減りを防ぐことができません。

オールセラミックの被せ物

ジルコニアとも呼ばれるセラミックです。曲げ強度が1000MPaあり、非常に硬いことが特徴です。
加工方法などによって、「プロセラ」「ラヴァ」など様々な種類が存在します。
当院では材料を1種類に限定せず、患者さんの歯の状態を見て合うものを、そのつど選択しています。

ホワイトニング

歯のクリーニング(PMTC)をすると歯の表面に付いた色素を落とすことはできますが、エナメル質より深く染み込んだ色素まではほとんど取ることができません。
さらなる白さや美しさを求めるなら、ホワイトニングをおすすめします。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

ホワイトニングとは薬剤を歯の表面に塗って歯を漂白することで、院内で施術するオフィスホワイトニングと自宅でできるホームホワイトニングとの2種類があります。
作用や後戻りについては個人差があり、大きな変化が期待できない場合もあることをご理解ください。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、「短時間で歯を白くしたい」「マウスピースを長時間使うのは苦手」といった方に向いています。1回約1時間の施術で、歯を白くしていきます。

当院では、低刺激でしっかりとしたホワイトニング作用を期待できる、「ティオン・オフィス」を使用しています。強い薬剤を使えばホワイトニング作用も大きくなりますが、歯に強い刺激が与えられるため、知覚過敏など副作用のリスクが高まるからです。

オフィスホワイトニングでは薬剤の作用を高めるため、光を照射します。当院では、90個のLEDが緻密に計算された角度で配置された、「ブリリカ・ビアンコ」というライトを導入しました。

当院では、オフィスホワイトニングの後、後戻りを防ぐために、ホームホワイトニングによるメインテナンスをおすすめしています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングの方法は、自宅で1日2時間ずつ、オーダーメイドのトレーの内側にホワイトニングジェルを塗り、お口にはめるというものです。長くても2週間ほどで、白さを実感してもらえると思います。
オフィスホワイトニングと比べて作用はゆっくりですが、自宅でできる手軽さに加え、後戻りした場合にもトレーさえあれば薬剤の購入だけで再びホワイトニングできるという利点があります。